2012年5月13日 (日)

『佐藤通弘津軽三味線門下生発表会』

ああ、体が重い。
もう8時を過ぎたのに、なかなか起きられない。

今日は門下生発表会

昨日は朝早くから会場で、舞台美術、音響照明の仕込み。
名取披露口上、特別出演幕開けの段取り。
合奏のリハーサル。
全て終わったのは夜の9時。

家に帰ったらクラッとした。
やっと起き出して髭を剃っていたら、やたら電話がかかってきて
なかなか家を出れない。
あせる。
発表会会場に着いたら開幕10分前だった。
門下生50名は、開幕合奏の体勢で舞台上に勢揃い。
なーんだ。私がいなくても出来るじゃない。
無事に幕が開いたのを確認してから楽屋に。
あとは楽屋のモニターを見ながら諸々雑用。

発表会では私は雑用係り。
門下生の皆さんの発表会なのだから、私はなるべく舞台に出ない。
合奏のたて三味線(合奏の指揮をする人)も師範、名取さんがする。
発表会では門下生の皆さんに、舞台係りや進行係り会場係りなどを一切させない。
舞台監督、音響、照明、舞台装置、舞台美術。
私のコンサートと同じように専門スタッフを揃えて、門下生の皆さんには、
自分の演奏に集中できるようにしてあげたい。
プログラムは予定時間どうり進行している。

一部最後の演目は、私の母の日本舞踊『浦島』。
母は長年、日本舞踊の師匠をしながら私を育ててくれた。
母にとって踊りは命。
ところが父が亡くなって以来、母は踊りを踊らなくなった。
踊らなくなってからは、寝たり起きたりの毎日。
そんな母が、元気になるきっかけになればと、私は発表会の
プログラムに勝手に載せてしまった。
昨日のリハーサルで母は、ふらふらしながらも、曲の終わりまで踊ることが出来た。
見ていられなかった。いつ倒れるか。
何度、『もういいから。もう踊らなくてもいいから。』と、言おうと思った。
でもハアハア荒い息をしながら、懸命に踊り続けようとする姿に。何も言えなかった。
『舞台で死ぬのも、芸人の本望。』
そんな気がしてきた。
私が同じ立場になったら、きっとそう思うだろう。
母の出番がやってきた。
私は、もし母が舞台で倒れた時に介添えするために、紋付き袴で後見。
舞台後方で控える。
曲がやけに長く感じる。
母がふらっとするたびに心臓がどきどき。
客席のお客さまが泣いている。
『もう少し。もう少し。お母さん頑張れ!』
やっと曲が終わった。
母が下手のそでに引き込む。すごい拍手。
母をもう一度舞台に呼び出す。
母のお辞儀で緞帳が降りる。

おそらく母の、長い長い舞踊人生最後の舞台に、ゆっくり緞帳が降りた。

051301
(門下生 集合写真)

051302
(『幽玄の世界』尺八奏者 矢下勇厳氏と)

051303
(母のリハーサル)

| | コメント (4)

2011年11月 8日 (火)

ライブのお知らせ_スタッフより

年に何度もお世話になってる“音や金時”にて
親子でのライブがあります。
ご都合つく方は是非お越しくださいませ。

_________________________________

2011年11月22日(火)
音や金時(杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1)
開演19:30~
料金2,300円
音や金時03-5382-2020
_________________________________

| | コメント (1)

2011年9月 3日 (土)

ライブのお知らせ_スタッフより

来週火曜日に年に何度もお世話になってる“音や金時”にて
親子でのライブがあります。
ご都合つく方は是非お越しくださいませ。

_________________________________

2011年9月6日(火)
音や金時(杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1)
開演19:30〜
料金2,300円
音や金時03-5382-2020
_________________________________

| | コメント (0)

2010年11月17日 (水)

本日開催!!

スケジュールにはアップしてしないのですが、
本日、定期的にライブを行っている『音や金時』で
レコ発 親子ライブがございます。

ご都合の付く方は是非お越し下さいませ。

CD発売記念 佐藤通弘・通芳ライブ
2010.11.17(水)
OPEN18:30 START19:30
料金 2,300円
会場 音や金時(西荻窪駅 北口より徒歩3分)
    杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1
問合せ 音や金時 03-5382-2020

スタッフT

| | コメント (0)

2009年7月17日 (金)

『ひびきあう音色 からみあう感性。』

私と通芳とのデュオコンサートを、地元酒々井の会館で
開催いたしました。久しぶりの自主公演でした。

自主公演ですので、会館の手続き打ち合わせからポスターやチラシづくり。
地元の新聞の取材、お客様からの電話問い合わせに対応したり。
なかなか大変でしたが、その方々とのふれ合いの中にも、たくさんの
感動がありました。

問い合わせの電話で、85才の方が、『一人で成田から見に行きます。
とても楽しみにしていますから。』とのこと。私共の演奏を楽しみに
してくださる方がいる、そのことが嬉しく、また一生懸命演奏しなければ
いけないとの思いを新たにしました。

酒々井町のいろんな方々が、コンサートを宣伝してくださいました。
ご近所の方々、いつも買い物に行くお店屋さん。
そしてコンサート当日は、その方々が私のお弟子さん方と一緒に、
駐車場係りや会場受付、会場係りなどのお手伝いをしてくださいました。

本当に感激しました。

皆さんの善意の気持ちが私共の演奏と一つになって、演奏の中で
こみ上げてくるようでした。
今回のコンサートは、通芳が弘前から帰って来て初めての親子コンサートです。

今までの親子コンサートは、私がメインの演奏会に通芳がメンバーとして
参加していたのですが、今回からは二人がメインのコンサートです。

親子であっても異なる感性。それがいかにぶつかり合い、いかに響き合うのか。
佐藤通弘 通芳のデュオコンサート『ひびきあう音色 からみあう感性。』の初演です 。


071700

ーーーーーーーーーーーーご案内
10月18日(日)にも池袋の豊島公会堂において、
通芳とのデュオコンサートがあります。
お時間がとれましたら、どうぞお出かけくださいますように、
お待ちいたしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

「町田モコモコ」

今日は町田の『モコモコ』というカレー料理専門のお店でライブ演奏。
三味線一本ライブです。

051601

051602

このお店では、月に一回から二回ライブ演奏を催すそうです。
私の知っている音楽家では、スパニッシュコネクションの平松加奈さん
やタブラの吉見征樹さんなどがよく演奏されるそうです。

田根さんと会場入りをして音を確かめてから、開演まであたりをぶらつき
ました。
このあたりは私にとってとても懐かしいところ。お店の向かいは町田市役所、
歩いて数分のところには私の母校 町田市立第一中学校があります。

中学校の時の私はまるっきりの子供で、いたずらばかりしていました。
友達とよくこの市役所の中で遊びました。市役所食堂でこっそりカレーライスを
たべたり、立ち入り禁止の市議会議場に忍び込んで、警備員に見つかり
追いかけられたり。また、そばには町田に古くからあるお肉屋さんがあります。
このお店の、もう亡くなった先代のおばあさんには、私が保育園の頃から
いろいろと可愛がってもらいました。

二人でぶらついていたら、いい感じの喫茶店がありました。
4人掛けのテーブルが4つにカウンターだけの小さな喫茶店。そこで紅茶と
フレンチトーストを頼みました。マスターは時間と手間をかけてフレンチトーストを
作ってくれました。
飲食店に入ればほとんどのメニューがレトルトか冷凍食品という昨今、
手作りのフレンチトーストがとても美味しく嬉しく感じました。
紅茶は白いポットで香りたかく、フレンチトーストはふわふわでした。

051603

高級ホテルのレストランならいざ知らず、500円のフレンチトーストに心を込めて
お客様のために一生懸命作るマスターに、感動すら覚えました。

開演まであと30分。
さぁ私も、心を込めて一生懸命、演奏しようと思います。

|

2008年1月25日 (金)

「和リーグ」

今日は高久さんのプロデュース、和リーグの舞台。

同じ邦楽の世界でありながら、同じ舞台に上がることは
あり得ないという組み合わせの共演が行われます。

2008012515530000

太鼓と狂言、津軽三味線と狂言。これも高久さんの和の
世界での顔の広さと、見識の高さからでしょう。
ただこのように、今まであり得ないことをするというような
舞台は、日本ではチケットがなかなか売れません。
今回もだいぶご苦労されたことと思います。

2008012515500000

一部の終わりに私のソロ演奏の舞台。
津軽よされ節、津軽音頭、そして荷方節の三曲。
一曲一曲にそれぞれの照明。
舞台の後ろのスクリーンにはそれぞれのイメージの映像や字幕。
もう否応なしに私の集中力は高まります。

2008012515490000

休憩をはさんで二部の最初は、私と太鼓の響さんとのデュオ。
そして狂言と太鼓とのコラボレーション。

2008012515470000

その後にいよいよ狂言と津軽三味線とのコラボレーション。
私は今まで、お芝居や映画の音楽として参加させていただいた
ことがあります。この場合、もちろんお芝居や映画が主役であり
ますから、私は主役を引き立てるために気持ち的に後ろに下が
って演奏します。
しかし今回は狂言のバックではなく、対等の気持ちで演奏して
よいということで、気持ち的にも音量的にも、思いっきり演奏して
しまいました。

これも、私にとって今までにない新しい試みでした。

狂言師の方のお家は、代々室町時代からのお家柄だそうです。
新しいことやしたことのないことに、抵抗を感じてしまうのではない
かと思っていたのですが。なによりも気持ちよかったのは、狂言
師の方々のふところの広さでした。


|

2007年10月20日 (土)

「成田弦まつり。」

成田弦まつりは数年前から三味線、主に津軽三味線をメインに
したお祭りにしようと、成田商工会議所が主催して行っております。

私も近くに住む津軽三味線奏者の一人として、私の出来ることで
協力させていただいております。
特に今回は、成田山本堂での百人大合奏をするということで、
私もいろいろな津軽三味線の先生方に参加を呼び掛けました。
おかげ様で今回は、目標を大きく上回る約130名の津軽三味線
演奏者の方々が集まって下さいました。

白い鰯雲が浮かぶ青空の下、たくさんのお客様を前に本堂前
大階段にて、私の師匠の作曲した『あどはたり』を合奏しました。
いろいろな流派の方々が心を一つにして、このような晴れの
舞台を共にすることが出来て本当に嬉しく思いました。

十数年前私の師匠は、青森県岩木町を津軽三味線のふるさと
として、津軽三味線フェスティバルを開催して、日本全国いろいろな
地方の先生方に声をかけて、流派を越えて一つのフェスティバルを
創りました。

その時もやはりこの『あどはたり』を、岩木町体育館で
数百名の大合奏をいたしました。
今にして思えば、師匠の企画したこのフェスティバルと弘前の
三味線コンクールが、津軽三味線の世界を開かれたものにして、
そのことが若者達による現在の津軽三味線ブームに繋がっていった
のではないでしょうか。

本堂前大階段からふと空を眺め、師匠に語りかけました。

『先生。私は今でも、先生の後ろを追いかけています。』


|

2007年3月10日 (土)

「広島県世羅町」

今日は広島県、世羅町のせらにしタウンセンターでの演奏です。
久方ぶりに通芳と二人の演奏会です。広島空港をおりましたらお迎えを受けて
車で約50分、山中のアップダウンを繰り返す山道を行きます。

私は30年近く前からの花粉症で、この季節はマスクを離せません。
車の外を見れば、杉や松の木がそれこそ山を覆うようにはえています。
一瞬「うわぁ。」と思いましたが、そういえば飛行機を降りてからくしゃみを
一度もしません。不思議不思議。
やはり花粉症には、花粉だけが悪いのではなく。花粉と、排気ガスなどの
有害物質が結びついて花粉症を引き起こすのだという話しは本当なのかなぁ、
と思いました。

山中の道はやがて山里という風景になりました。田や畑の中に、茅葺き屋根の
家が点在しています。日本の原風景という風情です。空港から一度も町を通らず
にそのまま、せらにしタウンセンターに着きました。

ホールは新しく近代的で素晴らしいホールでしたが、お客様方は素朴でとても
純真な感じがしました。演奏中も、ほんの少しの演奏の起伏に対しても
「わぁー!」というような反応をして下さる。曲間の話しにも暖かい拍手をいただける。
演奏している私どもの方が、心が暖かいもので満たされて行く、という気が致しました。

終演後は空港ホテルまで車で送っていただきました。帰りの山道は月も星も無い、
真っ暗な魑魅魍魎の出現しそうな風情。ヘッドライトにさっと小さな影がよぎります。
月の無い晩には、よく狸が車にひかれるそうです。
夜はお腹がすいて通芳と二人、ホテルのお部屋でコンビニで買った物を食べました。
通芳はむしゃむしゃと、食べること食べること。

もーちょっと、腹も身の内ということも考えたらいいのに。

|

2007年2月24日 (土)

「能舞台」

今日は松山市民ホール小ホールで演奏です。

松山市での演奏は12回目、1993年からあしかけ15年目です。
本当に長い間、たくさん演奏させていただきました。
そのうち七回はこの松山市民ホールの小ホールで演奏させていただきました。

この小ホールは、能舞台になっています。
この能舞台が私はとても好きです。演奏が始まるのは夜ですが、
私はいつもお昼から会場入りをして、三味線を二時間くらいかけて
ゆっくり試し弾きをします。不思議なことに、この能舞台での三味線の
音色は毎回違うのです。今回は特に音色が、キラキラきらめいていると
いう感じなのです。一音一音、すべてがそれぞれ光り輝いています。
本番での演奏が楽しみです。

試し弾きを終えて、お弁当を食べてお茶を飲んでいますと、いつもお手伝いを
して下さる方や毎回聞きに来て下さるお客様が楽屋にみえました。
何回も私の演奏を聞いて下さるお客様や、私の演奏会を主催して下さる方を
前にしての演奏は、とても緊張します。
初めて私の演奏を聞いて下さるお客様を、ある程度感動していただくことは
出来ます。しかし二回目のお客様に感動していただくには、一回目の演奏より
少しでも演奏者がグレードアップしていなければなりません。
ましてや三回目四回目、となると更なるグレードアップが必要になります。
松山市は私にとって12回目の演奏会です。
開演時間が近づくと共に、私の緊張感は最高潮になります。

開演時間になりました。舞台下手の橋がかりより、まるで能役者のように、
私はしずしずと出て行きます。前回よりいい演奏をしなければ、リピーターの
お客様を満足させられない。更なる記録に挑戦するスポーツ選手の気分です。
お客様を前にしての三味線の音色は、先程の試し弾きの音色とはまた違いま
した。面食らいましたが、これがまた三味線の面白さです。
試し弾きの時と同じように音色がきらめいているのですが、試し弾き時の音色を
銀色とすると、本番の音色は金色に輝いているのです。
時々金色の光りで目が眩むような感覚に襲われました。

演奏が終わり打ち上げの席で、主催の方に「通弘さん、また一皮むけたね。」と
言っていただきました。

200702242149000
(活イカの刺身!!美味しく頂きましたよ)

今回の挑戦では、またほんの少しの新記録が出たようです。

|