« 『甲府 桜座。』 | トップページ | 『得たもの、失なったもの。』 »

2013年2月26日 (火)

『夢の一夜。』

ここは那須の山あいにある温泉地。
創業350年の、江戸時代から続く癒しの宿。
この宿に初めて訪れたのは、通芳がまだお腹の中にいる頃。
それ以来、年に一度はこの宿に来て癒された。


思い出深いこの宿で、三味線の演奏をすることになった。
私のお客さまもたくさん来て下さった。
宿の宿泊客とともに、演奏するロビーはたくさんのお客さま。
今までの、癒しや思い出をいただいた感謝の気持ちを込めて、一生懸命の演奏。
演奏後は、 わざわざ演奏を聞きに、那須の山あいの宿まで来て下さった私のお客さま方と共に、お食事。
なんか子供の頃に、親戚の人たちが訪ねて来てくれた時のような気持ち。
楽しくて、食べる暇がない。


今日のお客さまの中に、30年前から私の演奏を聞いていただいている方がいた。
もう全てから引退され、今は施設に住まわれている。
足を悪くされ、つらいリハビリを続けていらっしゃると聞いていたが、今日はお一人で杖をついて新幹線に乗って来られた。
昔はどんな遠い場所にでも、私の演奏を聞きに来て下さった方。

私は、隣の席に座らせていただく。
「今日は、死ぬ前にあともう一度だけ、佐藤さんの演奏が聞きたくてやって参りました。今日は、本当にいい日になりました。」

私の胸は切なく、ズキンと痛んだ。
この人たちに、私は支えられてきた。この人たちがいたからこそ、私は演奏が続けてこられた。
ただただ有り難く、頭を下げることしかできなかった。


夢の中のような一夜は、更けていった。

|

« 『甲府 桜座。』 | トップページ | 『得たもの、失なったもの。』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108026/50236541

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢の一夜。』:

« 『甲府 桜座。』 | トップページ | 『得たもの、失なったもの。』 »