« 『三日と続かず。』 | トップページ | 『長野へ。』 »

2012年10月21日 (日)

『大船渡』

東北新幹線水沢江刺駅からお迎えのバスで、大船渡市リアスホールに向かう。
色づき始めた山々に、分け入るように右へ左へ山道を登る。
たくさんの復興工事のトラックと行き合う。
やがて峠をこえ、道を下りると大船渡の街並み。
一時間半でリアスホールに到着。楽屋入り。
大ホールのサウンドチェック。柔らかくてとてもいい音色だ。

よし!
明日は大船渡市の皆様の幸せを祈って、一生懸命の演奏をする。
ホテルへ、スタッフの方に車で送っていただく。
ホールから海沿いの街に入ると、景色が一変した。
見渡すかぎり何も無い。
所々ぽつんと鉄筋の建物が残っているだけで、あとは一面の原っぱ。
鉄道線路も草ぼうぼう。踏み切りは無くなっていた。
震災後1年半以上たっても、復興は何も手がつけられていないみたいに見える。
大きなスーパーの廃墟。
このスーパーの業務用エレベーターの中から、先週遺体が見つかったとのこと。
『何も、こんなすざましいところを通らなくてもいいじゃないか。』と、
思っていたら、そのスーパーの廃墟のすぐ隣が今夜のホテル。
ホテルには、復興工事の作業員らしい方ばかり泊まっている。
みんな頑張ってる。

翌日は昼前に野外のイベント会場で演奏。その後は大ホールで。
一生懸命の演奏。
皆さん、たくさんの拍手をくれた。
『やーやどー』の掛け声も、大きな声でかけてくれた。
でも、やはり何となく元気が。
そりゃあそうだ。
あんなすざましいめにあったのだから。

『私には何にも出来ない。私には何にも出来ない。』そういう声が耳元で聞こえる。
仕方がない。
『もうどうなってもいい!』
ただただ思いっきり、バチを三味線に叩きつけた。

|

« 『三日と続かず。』 | トップページ | 『長野へ。』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『三日と続かず。』 | トップページ | 『長野へ。』 »