« 『右足闘病記』 | トップページ | 『いわき三味線塾おさらい会。』 »

2011年12月31日 (土)

『いとこ。』

ピンポーンピンポーン。
玄関のインターフォンが、鳴るか鳴り終わるかのうちに、
勝手にどしどし入って来て私の枕元に座った。

『足は痛いの?』と、いつもの愛嬌のある顔で聞いてきた。
『痛いから寝てるんだよ。』と、少し頬を膨らませた。
私はまた足がはれてきて、もう年の瀬だというのに、
寝床から空ばかり見ている。

彼は私のいとこ。
私がもの心つく頃から、盆と暮れには必ず見る顔だ

昔私は、盆と暮れには必ず、福島県田村郡にある親の実家に行っていた。

小学低学年頃。
夜遅く福島に着いて、翌朝私はいつまでも眠っていた。
朝早く彼は私が来たことを知ると、村のおもちゃ屋で私の好きな潜水艦の
プラモデルを買って、急いで潜水艦を完成させた。
それを持って私のところに来たのだが、『起こしたらだめだぞ。』と、
おばあちゃんに怒られて。
枕元でずっと静かに、私が起きるのを待っている。
お昼近く私がその気配に、ふと目を覚ますと。
目の前には完成した潜水艦と、あの愛嬌のある笑顔があった。


『秘密基地に連れてってあげる。』と、実家の裏山に入って行った。
『ここは、親にも兄弟にも、誰にも言ってはいけない秘密の基地だからね。』
木の枝で作った屋根。ちゃんと藁もかけられている。
私はとてもわくわくしてきた。
早速彼に、お菓子とジュース。面白い本を持ってくるように言った。
彼の方が一つ年上なのに、私はいつも威張っている。
それから二人でお菓子とジュースを飲みながら、彼のお兄さんのえろ本を堪能した。
『よし、これからタバコを吸うぞ。タバコを持って来て。』
実家ではタバコの栽培をしていた。その干しているタバコの葉を密かに、
彼に持って来てもらう。
タバコの葉をくるくる巻く。これは本物の葉巻だ。
火をつけて吹かす。
か、からい!
なんだこりゃ?
もう一度吹かしてみる。
うわっ!
今度は頭がぐらぐらしてきた。
気持ち悪い。こりゃ大変だ。
ふらふらしながら、すぐ帰った。
しばらくご飯が食べれなかった。
おばあちゃんが、『どうしたの。どうしたの。』と、蒼い顔をしている私に聞いてきた。
何も答えることは出来なかった。
その時私は、生涯の禁煙を誓った。

私は彼をいじめたことがある。
内容は覚えていない。
彼はブランコで一人泣いていた。

私は納得のいかないことには、親やおばあちゃんの言うことでも
頑として聞かない子供だった。
叱られてわんわん泣いた。
そうゆう時彼は、側に来て、私の肩に手を置き一緒に泣くのだった。

小学生高学年の時、二人で蒸気機関車の写真を撮りに、
列車で会津坂下に行った。
会津坂下駅近くの踏切でカメラを構える。
いよいよ蒸気機関車がやって来た。
私は夢中で写真を撮った。
どうゆう訳か、撮っているその機関車の方から
『みっちゃん!みっちゃん!』と、必死に私を呼ぶ声がする。
彼は私の財布と切符を持ったまま、その蒸気機関車の列車で帰ってしまったのだ。
私は、そこから歩いて帰ろうとそのあたりを彷徨しているうちに、
親切なおじさんに助けられた。
お金を貰って、切符を買った。

彼はカメラマンになった。
一流のカメラマンの助手として、十数年修業した後、独立をした。
恵比寿の駅前に個人事務所を構え、年収何千万円稼ぎ出し。
嫁さんも貰い、順風満帆の人生だった。
私とお互いの海外の仕事でニューヨークで落ち合い、ステーキ食べた。
ところがバブルがはじけると、まったく仕事がなくなった。
そして彼は石工になった。
石工の技を磨き続けた。
私の親父の眠る墓石も、彼の作品だ。
今は職人の風格さえ感じさせる風貌になった。

その長い長い年月の中に、どれだけの二人の盆と暮れが、あったのだろうか。

年の瀬だというのに、今日も空が青い。
『また、カメラを始めようと思っているんだ。』と言うから。
『思っているだけじゃあだめだろ。始めなきゃ。』と、言ってやった。
彼の方が一つ年上なのに、私はいつも威張っている。
『じゃあまたおいで。』そう言って私は、また空を眺める。
彼は帰って行った。

『来年のお盆に、また会おう。』
私の心の中で呟いていた。

終わり。

|

« 『右足闘病記』 | トップページ | 『いわき三味線塾おさらい会。』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『右足闘病記』 | トップページ | 『いわき三味線塾おさらい会。』 »