« 『コンサート前日。』 | トップページ | 『夏バテライブ。』 »

2011年6月 4日 (土)

『津軽音調 今昔様式(つがるのしらべ こんじゃくのありさま)』

開幕2分前、影アナウンスに続き本ベル。
 
緞帳前にて、私の口上挨拶。
 
拍子木が入り。
舞台客席共に、少しずつゆっくり暗くなる。
吹雪の音がする。

真っ暗闇から舞台に雪景色と津軽の屋敷の二景が現れる。
客席通路から高まる吹雪の中を、女に手をひかれた
年老いたぼさま(坊様、盲目の門付け芸人。)がゆっくり歩いて来る。
二人とも笠をかぶっている。
 
舞台下手の雪景色の津軽野にぼさま上がると、
ぼさまは疲れはてて腰を降ろす。
今日はあぶれて、銭ももらえず食事もしていない。
泊まるところもないのだ。やがてぼさまは三味線を手に、弾きはじめる。
 
『津軽じょんから節旧節』
 
060401
 
 
ぼさまの音色が、吹雪の音と重なり合う。
舞台上手の庄屋さまの屋敷では、津軽民謡団「山田千里一行一座」の演奏。
紋付き袴の若い三味線弾きが『津軽じょんから節新節』の前弾きが始まる。
 
060402
 
 
「待ってました!」観客からの掛け声。
やがて前弾きに続いて太鼓、唄になる。
華やかな衣装の唄い手、声量豊かに唄う。
唄い終わると、唄い手の津軽弁のお話し。
「もう一曲!」
 
『津軽甚句』 のにぎやかさ。
 
曲が終わると舞台は一転。
暗い座敷には琴、琴の前に黒紋付き姿の女性。
 
『六段』
 
寒く暗く寂しい津軽の冬のイメージ。
舞台下手雪野原では、ぼさまが『津軽音頭』を弾いている。
むせび泣くような三味線の音色が雪景色にしみていく。
ぼさまは続けて『あいや節』を弾く。
あいや節の途中、さっき屋敷の中で弾いていた若い三味線弾きが、
笠をかぶりぼさまのとなりで一緒にあいや節を弾き始める。
また雪が降りはじめた。
 
二人は『津軽じょんから節曲弾き』で掛け合う。

曲の盛り上がりと呼応するかのように、雪が猛烈に降ってくる。
やがて二人は弾き終わる。
二人は笠を持ち上げ、舞い散る雪空を見上げる。
 
060403
 
 
緞帳がおりる。
 
『津軽音調 今昔様式(つがるのしらべ こんじゃくのありさま)』
第一部(むかしのありさま)の終演。

|

« 『コンサート前日。』 | トップページ | 『夏バテライブ。』 »

コメント

先生、こんばんはhappy02
素晴らしい演出ですねshineきっと演奏も素晴らしかったのでしょうねcrying

私も機会があったら観に行きたいですbullettrain

投稿: チアキ | 2011年8月 4日 (木) 00時24分

チアキさんコメントありがとうございます。
この『津軽音調 今昔様式(つがるのしらべ こんじゃくのありさま)』の構想は、30年前ニューヨークでピナバウッシュの舞踏公演を見て、構想を得たものです。実に30年ぶりに実現しました。
とてもうれしく、感動しました。
機会がありましたら、ぜひ見にいらしてください。

投稿: MICHIHIRO | 2011年8月12日 (金) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『コンサート前日。』 | トップページ | 『夏バテライブ。』 »