« 『カレー屋さんライブでの出来事。』 | トップページ | 『ジプシーの旅』 »

2011年3月16日 (水)

『天災津軽三味線ツアー。』

タブラの吉見さんと通芳との7日間の西日本ツアーがはじまった。

11日の震災で世間は、津軽三味線の演奏どころではない雰囲気。
「はたしてツアーに出発出来るのか?」。
家を出る寸前まで、そんな状況だった。
今回のツアーは車で回る予定だが、まずガソリンが無い。
昨日は長時間ガソリンスタンドに並んでも、20リッターしか入れられなかった。

そして計画停電による電車の運休で、道路の大渋滞。
しかし吉見さんからは「演奏会場では、私たちの演奏を楽しみに
待っているそうだよ。」と伝えられた。
不安を振り切ってツアーに出発した。

幸い、甲府には開演前に到着出来た。
あわただしくサウンドチェック。そして開場。

思っていたよりたくさんのお客さまが入ってきた。
でもお客さまの雰囲気は、ずーんと沈んだ感じ。

よし!ライブの終わる頃には、お客さま達を元気いっぱいにするぞ。
緊張感のある一曲目から、お客さま達の心を揺さぶるように、
情感を込めて大きな波を描く。
プログラムが進むにつれて、お客さま達が緊張感からうねりに変わってきた。
私たち演奏者の想いが伝わった。

ラストの『夏、宵祭り』では『らっせーらー!らっせーらー!
らっせー、らっせー、らっせーらー!』の大合唱。
アンコール一曲。そして終演。
皆さん、ニコニコしながらお帰りになった。

そのまま会場で打ち上げ。スタッフの方々と、満足感の一杯。
至福の時。

その時だった。

突然ガタガタガタとすごい音とともに大きなゆれ。
今日から旅に出て、やっと頻繁な余震から逃れられると思ったのに、
地震が私たちを追っかけてきた。

地震が収まったあと、吉見さんが私のことを、
佐藤通弘は天災津軽三味線弾きだ。』と言った。

誰も笑わなかった。

031600


|

« 『カレー屋さんライブでの出来事。』 | トップページ | 『ジプシーの旅』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『カレー屋さんライブでの出来事。』 | トップページ | 『ジプシーの旅』 »