« 『松山行き。』 | トップページ | 『天災津軽三味線ツアー。』 »

2011年1月28日 (金)

『カレー屋さんライブでの出来事。』

今日は松山市郊外のカレー屋さんでのソロライブ。
このお店では、毎月のようにジャズなどの演奏会が催されるそうだ。

今夜も広いお店に、いっぱいのお客さま。
私は松山で、19年の間に14回演奏させていただいた。
前の方に座っているのは、私の演奏に毎回のように
来ていただいているお客さま達。

自然と演奏に気迫がこもる。
一部の演奏を無事に終えて休憩で糸を替えていると、
三味線胴の表皮に、ポツンと針で突いたような穴が。

『あっ!』と、私ははじけるように立ち上がってお店の人に、
『すみません。セロテープ貸してください。』
セロテープでその穴をふさいでいるうちにも、1ミリの穴が
2ミリ3ミリと、みるみるうちにひろがっていく。
『こりゃ時間の問題だな。』

お店の人にも主催の方にも無断で、まだざわざわと歓談している
お客さま達に、『すみませんー。2部をはじめます。』と、
三味線を構えた。

一曲でも多く、皮が破れる前に弾かなければ。
1曲め「津軽じょんから節中節」は無事。
2曲め「十三の砂山、どだればち」の十三の砂山の途中、
『バッ。』と皮が破けた。

とたん、まるで違う別の三味線のような、『ボンボン。』とした音になる。
そのまま何事もなかったかのように「十三の砂山、どだればち」を弾き終える。
目の前のお客さまは皮が破れた瞬間、『うわ!』っと少し飛び上がった。
ショックをあたえてしまった。
そこで私はにこやかに穏やかな声で、『今の曲の途中で、三味線の音が
変わったのがわかりました?』とたずねる。
お客さま達はいっせいにうなずく。
『今、三味線の皮が破けました。皮が破けた三味線の音は、
昔の津軽三味線の音のようになります。ですから2部残りの曲は、
昔の津軽三味線の曲を、昔の音で聞いていただきます。
では三味線の応急修理をいたしますので、5分間ほどお待ちください。』
セロテープを三味線胴の表面いっぱいに張りまくる。
私の三味線の皮は、セロテープ皮になった。

それから5曲。津軽じょんから節旧節のような、昔の津軽三味線の曲を
おもに演奏した。
演奏が終わると主催の方が蒼い顔で、『明日の演奏はどうしましょう。』
松山中の三味線屋に、津軽三味線を借りれないか、電話をかけまくったそうだ。
そしてみな断られたと。

私は明日の演奏を観に来ると言っていた高知の友人を思い出した。
津軽三味線を習っている。
さっそく電話をする。
明日、早くから津軽三味線を3丁持って来てくれるそうだ。

主催の方の安堵の顔。
私の安堵の長い吐息。

その時になって、私の胃の奥がキリキリと痛んでいたのをやっと感じはじめた。

|

« 『松山行き。』 | トップページ | 『天災津軽三味線ツアー。』 »

コメント

久しぶりにコメントを入れさせていただきます。

カレーやさんでの出来事…大事件でしたねsign03
想像してみました…通弘さんの目の前で、うっとりと演奏を聴いていたらshine突然 三味線の皮が…驚きますね。きっとそこにいらした方は相当ショックだったでしょう!

私がもしそれを体験したら、その日の夜は眠れなかったかもしれません。
通弘さんにとっても、それは胃の傷む出来事でしたね。
それでも、冷静に昔の三味線の演奏に切り替えるなんて 他の人には真似のできない事です。さすが、佐藤通弘さんshine
そう思うと、聴いてみたかったなと思いました。

まだまだ寒そうです。お身体ご自愛くださいませ。

投稿: hanna | 2011年2月12日 (土) 23時40分

わぁー。すごい!!
演奏中に、三味線の皮が破けるなんて貴重な出来事ですね。

一気に昔の津軽三味線のような音の演奏に変わるなんて。わたしもその場で味わいたかったです。その場にいた方が羨ましい。


その場の空気、状況すべてを自分の物にして皆さんに音で伝えるって本当に素晴らしいですね。

また素敵な演奏を楽しみにしております。

投稿: ai | 2011年2月17日 (木) 00時24分

私の41年の三味線歴の中で、演奏中に皮が破けたのはこれで2度目です。
古いレコードで聞いた昔の津軽三味線の様な音を、久々に聞けて私も懐かしい思いでした。

投稿: MICHIHIRO | 2011年2月17日 (木) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『松山行き。』 | トップページ | 『天災津軽三味線ツアー。』 »