« 『ブラヴォー!大野一雄。』 | トップページ | 『レコーディング初日。』 »

2010年7月28日 (水)

『赤坂大歌舞伎』

昨夜は赤坂アクトシアターに、「人情噺文七元結」「鷺娘」を見に行った。
私の誕生日に、次男からもらった赤坂大歌舞伎のブログラムをかかえて。

このプログラムの裏表紙には、今回の赤坂大歌舞伎の演出をした
山田洋次監督のサインがある。
このサインは次男が舞台稽古の時に、山田洋次監督に「私の父が
山田監督のファンなんです。」と言って書いてもらったものだ。
(次男は歌舞伎役者の端くれをしている。)

開演前、次男の師匠に楽屋へ挨拶にゆく。
楽屋は、役者もそれを支える人たちも、開演前の緊張感で凜と静まっている。
いい緊張感だ。
「人情噺文七元結」は人情噺の名人、三遊亭円朝の口演した落語噺で
あったものを、歌舞伎に脚色した世話物。
私の右隣のお客さんも左隣のお客さんも、一緒に大笑い。一緒に大泣き。
なんでこんなに泣いたり笑ったりするんだろぅ。まるで勘三郎さんの意のままに、
私たちが操られているようだ。

この噺は落語で何べんも聞いていて、筋はわかっているはずなのに、
初めて聞いたように、はらはらドキドキ、泣き笑う。

ハッピーエンドの大詰めでは、私もとても幸せな気持でいっぱいになる。
本当に素晴らしいものを観た。

ジャンルこそ違うが、私も三味線の演奏でお客さまの心を動かしたい。
真からそう思った。

|

« 『ブラヴォー!大野一雄。』 | トップページ | 『レコーディング初日。』 »

コメント

いつも時々日記を楽しみにしています。思い切って初めてコメントさせて頂きました。

歌舞伎を観て感動されたとのこと。
私も、せっかく人間に生まれ、感動できるという素晴らしい感性を頂いているのですから、できるだけ沢山の感動を味わいたいと思っています。
そんな中で、確実に私に感動を与えて下さるのが 佐藤通弘さんの演奏です!

前回の時々日記に書いていらした大野一雄さんしかり…命を燃やし尽くす様な演奏、いつも心震わせる音色、他では決して味わえない感動だと思っています!

まだまだ残暑が続くのでしょうか?
お体に気をつけて、これからも頑張って下さいませ。

投稿: Hanna | 2010年8月 8日 (日) 15時14分

Hannaさんへ。

コンサート、見に来てくださっているのですね。ありがとうございます。
心を奮わす演奏をしたいと思っております。また是非聴きにきてくださると嬉しいです。

投稿: MICHIHIRO | 2010年8月10日 (火) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ブラヴォー!大野一雄。』 | トップページ | 『レコーディング初日。』 »