« 『半年間の成果。』 | トップページ | 『佐藤通弘津軽三味線独演第一夜』 »

2010年1月22日 (金)

『暗夜行路』

午前5時、家を出る。

外はまだ真っ暗。
電車を待つホームはすごく寒い。
これからもっともっと寒いところまで行くのに。

やっと電車が来る。
電車の中もなんか寒い。
暗夜に旅立つ不安からか、窓の外の暗やみがやけに黒く見える。

東京駅から東北新幹線『はやて』で八戸駅まで。


012200

日暮里で地上に出ると夜が明けていた。
那須連峰が左手に見えるころ雪景色がはじまった。

八戸駅からは『スーパー白鳥』。


012201

吹雪は完全に真横に降っている。
そのすざましい吹雪の雪原を、白鳥号はものすごくかっ飛ばす。


012202

揺れがすごい。
車内販売のお姉さんが、カートごと左右のシートにぶつかりながら通って行く。
いまに脱線するんじゃないかと心配になるけど、なんか気持ちがいい。

こんな吹雪の中を、一生懸命頑張って走っている『スーパー白鳥』から、
『私も頑張らなきゃ。』って元気がもらえる気がする。

青森駅で6分停車して方向転換。
お弁当を買う。

『陸奥ほたて弁当』。

函館駅で『北斗』に乗り換え。


012203

今日の終着駅千歳まであと三時間。
酒々井駅から乗り換え時間を入れて約12時間。

さすがに背中が痛くなる。
千歳駅着、外はもう暗い。長い長い暗夜行路。


012204


 
最果ての街釧路は、まだ遠い。

|

« 『半年間の成果。』 | トップページ | 『佐藤通弘津軽三味線独演第一夜』 »

コメント

先生こんにちはhappy02heart01
電車は外の景色を楽しみながら行けるからいいですよねshineでもさすがに12時間はキツイかもしれませんねsweat01

ではお身体に気を付けてhappy01

投稿: チアキ | 2010年2月17日 (水) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『半年間の成果。』 | トップページ | 『佐藤通弘津軽三味線独演第一夜』 »