« 「久方ぶりの栃尾又温泉」 | トップページ | 「町田モコモコ」 »

2008年5月13日 (火)

「父との栃尾又温泉」

久方ぶりに訪れた栃尾又温泉を後にして、今日はバスと
鉄道で帰ります。夜には、帝国ホテルでの演奏があるのです。
栃尾又温泉を出たバスは、山道をくねりながら坂を下って行きます。

051301

栃尾又温泉には、昨年亡くなった父親と二人で来たことがありました。
十年くらい前だったと思います。父親と一緒に肩を並べてお湯に
浸かりました。お年寄りが多い栃尾又温泉ですが、同じ年寄りでも
私の父は筋肉質で、肩や腕にも筋肉が盛り上がっていて、
『俺のおやじは、まだまだカッコいいな。』と、なんだか誇らしい気持ちに
なりました。
同じ部屋で枕を並べて寝る時には、私に枕カバーのかけ方を教えて
くれました。私に教えるのがとても楽しそうに見えました。
でもそれからが大変。いびきはうるさいし、夜中にトイレに何回も起きて、
ガタガタとうるさくて寝てられません。
『もう二度と二人でなんか来ないぞ!』と、思ったのです。
それから本当に、二人でこの温泉に来ることはありませんでした。
これが父と二人での、最後の旅になりました。

山道をゆっくりと下るバスは、坂道を下りきると、『見返り橋』という橋を
渡ります。昔、近郷近在の農民達が冬の間、ひと月ふた月という長い
湯治をしに栃尾又温泉にやって来ました。
そして湯治を終えて帰る時に、この見返り橋から栃尾又を見返り、
楽しかった湯治に別れを惜しんだそうです。

051302

バスが見返り橋を渡る時、私もバスの窓から栃尾又を見返りました。
そして父と過ごした栃尾又に、別れを惜しんだのです。

|

« 「久方ぶりの栃尾又温泉」 | トップページ | 「町田モコモコ」 »