« 「町田モコモコ」 | トップページ | 「さすらいの街。」 »

2008年5月23日 (金)

『今日はいい日。』

今日はいいお天気。夏のような青空。
私の乗った電車は、森と住宅地の中を埼玉へと向かいます。
今日はたった一人のお客様のために演奏をするのです。

その方が私のお客様になってくださってから、もう二十年以上にも
なるでしょうか?!その方は、たとえば私が地方の演奏会場で、舞台の
袖から客席をのぞいたりしていると、『あれ、こんな遠いところまでいらして
いる!』と、驚かされるような、そんな方でした。
「佐藤通弘通信」を送った後にお手紙を頂いたり。四季折々のお葉書、
故郷のお土産など。とてもよくしてくださいました。
私が右手がまったく動かなくなり、三味線が弾けなくなってしまった時、
わざわざ自宅までお見舞いに来てくださいました。
その時私は、もう二度と三味線が弾けないかもしれないというところまで
追い込まれていました。
でもその方のおかげで、『私が三味線を演奏することを、楽しみにしていて
くださる方がいる。私の三味線を必要としている方がいるんだ。』と、思うことが
できました。そのことが、どんなに私の励みになったことか。

その後、ご自身が経営されていた会社を後進に譲られ、自ら老人施設に
転居された後、足の骨を折られてしまいリハビリ中と聞きました。
私はずっと気がかりだったのです。ところが今朝の明け方、夢を見ました。
その方がただじっと私を見ているのです。何もおっしゃらず、ただじっといる
のです。

私は起きるとすぐ電話して、施設に伺うことにしたのです。
駅からタクシーで五分、緑に囲まれた静かな佇まいの中に施設はありました。
私はその方のお部屋で、お一人のために三味線を演奏するつもりで行きました。
ところが、『私一人で聞くのはもったいないから。』と、施設の集会所を借りていて
くださり、私が着いた時にはもういっぱいのお年寄りが待っていました。

私は一生懸命演奏しました。

これが私の出来るただ一つの恩返しです。

帰りには玄関までお見送りをしてくださいました。タクシーの後ろの窓に、
手を振るその方の姿が小さくなっていきました。頂いたたくさんのお土産の
袋の中に、短い手紙がありました。

『今日はとてもいい日です。』

私の心の中に何かとっても暖かいものが、たくさんたくさんあふれて来ました。

今日はほんとうに、いい日です。


|

« 「町田モコモコ」 | トップページ | 「さすらいの街。」 »