« 「北帰行(その二)」 | トップページ | 「月日は百代の過客にして・・・」 »

2008年1月25日 (金)

「和リーグ」

今日は高久さんのプロデュース、和リーグの舞台。

同じ邦楽の世界でありながら、同じ舞台に上がることは
あり得ないという組み合わせの共演が行われます。

2008012515530000

太鼓と狂言、津軽三味線と狂言。これも高久さんの和の
世界での顔の広さと、見識の高さからでしょう。
ただこのように、今まであり得ないことをするというような
舞台は、日本ではチケットがなかなか売れません。
今回もだいぶご苦労されたことと思います。

2008012515500000

一部の終わりに私のソロ演奏の舞台。
津軽よされ節、津軽音頭、そして荷方節の三曲。
一曲一曲にそれぞれの照明。
舞台の後ろのスクリーンにはそれぞれのイメージの映像や字幕。
もう否応なしに私の集中力は高まります。

2008012515490000

休憩をはさんで二部の最初は、私と太鼓の響さんとのデュオ。
そして狂言と太鼓とのコラボレーション。

2008012515470000

その後にいよいよ狂言と津軽三味線とのコラボレーション。
私は今まで、お芝居や映画の音楽として参加させていただいた
ことがあります。この場合、もちろんお芝居や映画が主役であり
ますから、私は主役を引き立てるために気持ち的に後ろに下が
って演奏します。
しかし今回は狂言のバックではなく、対等の気持ちで演奏して
よいということで、気持ち的にも音量的にも、思いっきり演奏して
しまいました。

これも、私にとって今までにない新しい試みでした。

狂言師の方のお家は、代々室町時代からのお家柄だそうです。
新しいことやしたことのないことに、抵抗を感じてしまうのではない
かと思っていたのですが。なによりも気持ちよかったのは、狂言
師の方々のふところの広さでした。


|

« 「北帰行(その二)」 | トップページ | 「月日は百代の過客にして・・・」 »