« 「40年ぶりの授業参観。」 | トップページ | 「すごいパワー。」 »

2007年6月16日 (土)

「竹林寺。」

今日は牧野植物園での演奏会です。

豊かな緑に囲まれた高台にある植物園。

200706161653000

建物は木材を多用し天井も高く、演奏にはとてもいい響きの
会場でした。今日の共演者は昨日に引き続きタブラの吉見さんと、
地元在住の語り部の兼松憲一さんです。

私と吉見さんとの演奏が一部と三部。間の二部は兼松さんの語りに
私達が参加します。
一部の演奏は、まず私のソロ演奏からです。私が出す三味線の響きが
会場の四方の壁から、あまく艶っぽく返ってきます。
その響きを聞きながら三味線を弾いていくと、だんだんその音の中に
自分の魂が入り込んでいくのがわかります。
目の前に現れた淡い光が次第に大きくなり、私の体もなく三味線もなく、
その光の中に包まれてゆく。そうなるともう、私の意思は要りません。
私の意思には関係なく、三味線がひとりでに音を作り出してゆきます。
私はただその淡い光の中に身を委ねているだけ。
至福の時です。『ああ、なんて私は幸せなんだろう。』と思ってしまいます。

二部の兼松さんの語りは「かぐや姫」。

そして三部は吉見さんと盛り上がりました。
三味線のおかげ、共演の吉見さんや兼松さんのおかげ、聞いて下さった
お客様のおかげ、演奏の機会を作って下さった主催の方々のおかげ、
いい響きを返してくれた会場のおかげ。皆さんのおかげで私は、元通りの
元気を取り戻すことが出来ました。本当に有難いことだと思いました。

終演後にすぐそばにある竹林寺に、吉見さんと一緒に連れていって
いただきました。

竹林寺は、有名なよさこい節の、『〓坊さん かんざし 買うを見たー よさこいよさこい〓 』という歌詞の中に出てくる、かんざしを買った坊さんがいたお寺だそうです。


山門から参道をたどって行くと、古い石段、苔が一面に広がるお庭、
神秘な色をたたえた本堂脇のお池。古く落ち着いた雰囲気の、風情ある
古刹でした。

200706161702000

200706161708000

200706161701000

もうすでに日が傾きかけ、参拝する人もまばらな本堂で、ひとりお灯明を上げました。

遥か遠く、宗旨も違う土佐の竹林寺から、死に目に会えなかった父の冥福を祈りました。

|

« 「40年ぶりの授業参観。」 | トップページ | 「すごいパワー。」 »