« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月20日 (日)

「縁のある街。」

今日は爽やかな、とてもいいお天気。
朝早く起きて、東海道新幹線に乗りました。
新幹線の窓の外は、青い空と新緑の緑でまぶしいくらいです。

今日は静岡県の清水文化センターでのゲスト出演です。
今日演奏させていただく清水文化センターには、いつもなら
JR清水駅からタクシーで入るのですが、今日は静岡から静岡鉄道という
小さな私鉄に乗って行くことにしました。

いつもの私の物好きです。

私が清水の町に初めて来てから30年にもなるというのに、静岡鉄道に
乗るのは初めてのことでした。重い三味線と着物を持って、新幹線の
静岡駅から静岡鉄道の新静岡駅まで、歩いて遠かったのには閉口しました。
演奏前に一汗かいてしまいました。

200705201623000

しかし初めて乗った静岡鉄道は、二両編成の電車はかわいくて、ゆっくり
走る電車の窓からの風景も珍しく、ワクワクして楽しいものでした。


200705201200000


電車の中であっちこっちキョロキョロしているうちに、桜橋駅までの二十数分の
旅は終わりました。

思えば清水という街は、私にとって縁の深い土地でありました。
清水の三保には東海大学海洋学部があります。かつて私は外国航路の航海士を
夢見て、この大学で学んでいました。清水港内から駿河湾まで、カッターやヨットの
訓練をしました。大学の練習船に乗り、乗船実習で大海原へと乗り出したのも
清水港からでした。また私が、弘前での津軽三味線の修行を終えて演奏の道に
入ってからもなぜか、何度となくこの清水の町に演奏に来る機会に恵まれました。
縁がある人というのはありますが、縁のある土地というのもあるのでしょうか。

世界中にはたくさんの街があるのにもかかわらず、縁がある街には何度も
行くことになり。縁の無い街には、一生のうちに一度も行くことは無いのです。

本当に縁というものは、これもまたひとつの不思議です。

|

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »