« 「不思議な朝の風景。」 | トップページ | 『赤城高原』 »

2007年4月18日 (水)

「わくわく。」

今日は、唄手であり太鼓の奏者でもある木津茂理さんと、仙台での演奏です。
二人での演奏は久方ぶりのことです。
初めて茂理さんと演奏をご一緒させていただいてから、もう何年になるのでしょうか。

昨夜は仙台に前日入りをいたしまして、茂理さんと事務所の方と三人で
楽しい食事の時を過ごしました。茂理さんはなんと言ってもかっこいい。
センスが良い着物を粋に着こなし、袖をひるがえし太鼓を叩きながら
唄う唄の、なんと心地の良いことか。
自然体というか無理が無いというか。

どんな人に、どんなジャンルの人に聞かせても、受け入れられる演奏だと思うのです。
また茂理さんのファンに女性が多いことも、素晴らしいと思います。

今日は朝からサウンドチェックをしてから、食事と休憩をしていました。
今は本番一時間前です。
茂理さんも着替えとお化粧のためにカーテンの向こうに入りました。

さあ、今日もどんな演奏になるのか。わくわくしてきました。

|

« 「不思議な朝の風景。」 | トップページ | 『赤城高原』 »