« 「新酒の為の演奏会」 | トップページ | 「通芳への手紙」 »

2006年11月30日 (木)

「夢のホテル」

今夜限りで、溜池山王にあるキャピトル東急ホテルは閉館します。

このホテルは、私の大好きなホテルでした。私が初めてこのホテルに
泊まったのは約二十年前、近くにあるサントリーホールでの演奏の時に、
主催の方に泊めていただいたのが最初でした。
ドアマンからベルボーイ、フロント、ハウスキーパーにいたる全てのホテル
マンの質の高さシックでクラシックな内装。品のいい落ち着いた客層
いっぺんに私はこのホテルに魅了されました。

それ以来、このホテルで泊まったり食事をすることが、私の私に対する
最高のご褒美になりました。私の誕生会を、メインレストランのけやきグ
リルで何回も致しました。スイートルームで、仲間を集めてクリスマスパ
ーティをしたりもしました。レストランを予約すれば、私の好きな席をとって
おいてくれます。そして私が何も言わずとも、私の好きなお酒や料理が
出て来るのです。
宿泊予約の電話を入れれば、私のいつも泊まるお部屋を用意しておい
てくれます。夜、ドアの前に靴を出しておけば、翌朝きれいに磨かれて、
朝食のルームサービスとともに持って来てくれます。
その磨き方の程のよいこと。塗った靴クリームがズボンの裾に着かず、
また靴の光沢も出るように、多からず少なからず。正に職人技です。

昨夜、私は夢をみました。夢の中でキャピトル東急ホテルのレストランに
来ているのです。そしていつもの席で、いつもの料理やお酒の前で、
「とうとう明日で終わりですね」。と、私は寂しく言うのです。
するとウェイターの方が、「このホテルは無くなったりは致しません。これ
からもずっと営業致します。佐藤様は夢でもごらんになったのではないの
ですか?」。と言うのです。
すると私は「そうか、ホテルはなくならないんだ。よかった、よかった。」と、
泣いて喜こぶのです。

その時にふと、目が覚めました。

しばらく、夢とうつつのはざまをさまよってから、やがて『キャピトル東急ホ
テルは無くならない、というのが夢だったんだ。やはりホテルは無くなって
しまうんだ。』ということがわかりました。

もうこれからは、夢の中でしかこのホテルに行くことが出来ないのだと。
私は寂しくて、しばらく眠ることができませんでした。

キャピトル東急ホテルは、私の夢のような、ホテルでした。

|

« 「新酒の為の演奏会」 | トップページ | 「通芳への手紙」 »