« 「一期一会」 | トップページ | 「さすらいの街」 »

2006年7月 5日 (水)

「大いなる北海道」

一昨日から札幌に来ています。
空港降り立ったとたんに、爽やかな風がサァ~と吹いて。なんと北海道の空気の
清浄なこと。今までいた九州、東京に比べて気温も低いのですが、湿度も低く、
からっと晴れてその気持ちのいいこと。
私の体調も、飛行機を降りたとたんに良くなったような気がしました。

昨日は札幌の郊外にある、西野神社で演奏させていただきました。
作家の植田莫先生が中心になり演奏会を企画して下さいました。植田莫先生は
私のCD「月も凍る夜に」と「東北ロマン」のジャケット絵をお書きになった先生です。

そして今日の会場は、札幌の郊外江別にある、米村牧場のゲストハウスが会場です。
どこまでも続く広大な牧草地の中に米村牧場があります。野幌駅前のコーヒー店の
ご主人と奥さま。米村牧場のご夫妻。地元の婦人会の方々。皆さんで演奏会を
運営して下さいました。どちらも会場いっぱいのお客様。お客様には窮屈な思いを
させてしまいました。でもどのお客様も、とっても暖かいんです。
演奏しているとほのぼのとして、心がぽかぽかしてくるのです。

終演後、皆さんの持ちよりのご馳走で小宴会です。
コーヒー店のご主人は入れたてのコーヒーを。米村さんご夫妻は、しぼりたての暖かい
牛乳と手作りケーキ。他の牧場の奥様は、自分の牧場の牛乳で作ったヨーグルト。
婦人会の方々は今日の夕方にもいだ、とりたてのトマト。などなど。
演奏から打ち上げ会まで、本当に暖かい会でした。
皆さんと、いろいろなお話しをいたしました。北海道人の気質を、ある方が「普段は何気
無く、お互いに深く入り込むこともなく。詮索することもなく。楽しくお付き合いをしてい
る。しかしもし人が困って、助けてほしいことが起こった時には、みんなでさぁーと来て
黙って助けてくれる。それが北海道人の気質です。」とおっしゃっていました。

雄大なる大地。
豊かな食物。
おおらかで、いたわり合い助け合う気質。

大いなる北海道。

200607051542000

なんか北海道に、移り住みたくなりました。

通弘 http://www.tsugaru-michihiro.com

|

« 「一期一会」 | トップページ | 「さすらいの街」 »